長崎くんち

 「長崎くんち」は諏訪神社の秋季大祭、長崎市では一番大きな祭りだと思います。10月の7~9日に行われます。市内各町が7組に分かれ年ごとに演し物(だしもの)を奉納します。
 各町の当番(踊り町)は7年に一度回ってくるので、写真を撮った時と同じ踊り町が今年の踊り町となっています。今年も7町が演し物を奉納します。
(2011(平成23)年撮影  ポジ)
画像
樺島町の太鼓山(コッコデショ) くんちの演し物では一番人気があるようです
画像

画像

画像

画像
傘鉾(祭礼に用いる飾り鉾) 踊り町のシンボルのようなもの  写真は樺島町の傘鉾
画像
出島町の阿蘭陀船(オランダ船)
画像

画像