鍋冠山から1(港の風景と造船所)(長崎)

鍋冠山(なべかんむりやま)は標高169mあります。長崎市南山手(グラバー園)の上に位置しており長崎港を一望できます。対岸の稲佐山(333m)の半分の高さですから街の風景はより身近に感じられます。  鍋冠山の展望台は2016(平成28)年にリニューアルされました。駐車場も整備されたようですが、交通の便はあまりよくありません。 (201…

続きを読むread more

平成新山2

 1990(平成2)年、200年ぶりに雲仙が噴火しました。1991(平成3)年には溶岩ドームが出現。このドームの部分は1996(平成8)年に「平成新山」と名付けられました。 (2013(平成25)年撮影 デジタル) 対岸は熊本県長洲方面(造船所が見える)

続きを読むread more

百花台公園(雲仙市)

 百花台公園は長崎県雲仙市国見町にある県立の公園です。芝生広場やスポーツ、遊戯の設備がある広い公園です。島原半島をドライブするときは休憩場所としてよく利用しています。 (2013(平成25)年撮影 デジタル) 公園からは雲仙が見えます

続きを読むread more

眉山(島原半島)

 島原まゆやまロード(山の西側)から撮影した眉山の紅葉の写真です。島原市街地(東側)から見ると1792年の山体崩壊の跡が見えますが、山の西側は木々が茂っています。ただ紅葉時期は少し過ぎていたようです。  眉山全体の写真は雲仙へ向かう途中に撮影したものです。 (2013(平成25)年撮影 デジタル) 左の山が眉山 海…

続きを読むread more

水辺の森界隈2

 12月下旬に撮影した水辺の森の写真です。 (2013(平成25)年撮影 デジタル) 運河にイルミネーションが行われています 長崎県美術館 2005(平成17)年開館 女神大橋(美術館の屋上から) タグボート

続きを読むread more

グラバー園2

 旧グラバー住宅は1863年建築。2015年「明治日本の産業革命遺産」として世界遺産に登録されました。現在保存修理工事が行われています。 (2013(平成25)年撮影 デジタル) 旧オルト住宅 1865年建築  旧リンガー住宅 1868年建築  旧スチイル記念学校

続きを読むread more

グラバー園1

 グラバー園は イギリス人商人グラバー、リンガー、オルトの旧邸を中心として、市内に点在していた明治期の洋館を移築復元した観光施設です。(建物は当時のものでしょうが、調度品などは当時使っていたものかどうかはわかりません) (2013(平成25)年撮影 デジタル) 旧グラバー住宅 旧三菱第2ドックハウス2階ベランダ …

続きを読むread more

大浦天主堂3

 大浦天主堂は現在は外壁等の改修が行われたようで前面は真っ白の漆喰で塗られているようです。私が撮影した写真とは全く違った印象となっています。 (天主堂のホームページでご確認ください) (2016(平成28)年撮影 デジタル)

続きを読むread more

大浦天主堂2

 大浦天主堂は1865年に創建されました。1875~1879年に大規模な改築を行い現在の形になりました。1953(昭和28)年に国宝指定。2018(平成30)年「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産に登録されました。 (2000(平成12年)撮影 ネガ  2013(平成25)年、2016(平成28)年撮影 デジタル)…

続きを読むread more

眼鏡橋(長崎)

 写真は20年程前の眼鏡橋です。長崎水害後、中島川のバイパス水路建造、遊歩道の設置など付近の風景は一変しました。川の右岸は1988(昭和63)年、左岸は住宅立ち退きの関係で2006(平成18)年にバイパス水路が完成しました。写真は1997(平成9)年の撮影で左岸の風景は昔のままです。 (1997(平成9)年撮影 ネガ  2015(平成…

続きを読むread more

遊覧船から

 長崎港を巡る遊覧船は今もあるようです。遊覧船には家族で今まで2度乗りました。もう随分前のことです。  長崎港大波止から出航し港口の香焼島で折り返す約1時間程度の遊覧であったと思います。 (1992(平成4)年、1996(平成8)年撮影 ネガ  2013(平成25)年、2015(平成27)年撮影 デジタル) 1992年 船上から(…

続きを読むread more