テーマ:熊本

熊本城、水前寺公園

 熊本城は加藤清正が築城したことで有名です。別名は銀杏城(ぎんなんじょう)というそうです。  2016(平成28)年の熊本地震で熊本城は大きな被害を受けました。現在復旧工事が行われています。  水前寺公園の正式名称は水前寺成趣園(じょうじゅえん)というそうです。肥後細川藩の大名庭園で、東海道五十三次を模したといわれる庭園です。 (…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三角西港2

 三角西港へ行った時の経路は、行きは長崎~鳥栖~熊本~三角までJRを利用しました。三角駅から西港まではバスの便が良くなかったので往復タクシーを使いました。  長崎への帰りは三角港から島原までフェリーに乗りました。三角の瀬戸から西港がよく見えましたが、今は三角~島原のフェリーは運航していません。 (2000(平成12)年撮影、ネガ) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三角西港1

 三角西港は熊本県宇城市(撮影当時は宇土郡三角町)にあります。1887(明治20)年、政府の殖産興業政策により築港されました。設計はオランダ人技師ローエンホルスト・ムルドルです。  2015年「明治日本の産業革命遺産」の一つとして世界文化遺産に登録されました。西洋風の建築物が目を引きますが、三角西港の魅力は石積みの埠頭だと思います。一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通潤橋の放水

 通潤橋へ行った時は旧矢部町の「八朔祭」が行われており、通潤橋の放水を見ることができました。放水は豪快で迫力満点でした。  昨年4月、熊本で大地震が起きました。地震で通潤橋も大きな被害を受けました。通潤橋は立入禁止で、放水もできない状況になっているようです。1日も早い復旧をお祈りします。 (1980(昭和55)年頃撮影、ネガ) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通潤橋

 通潤橋は熊本県山都町(旧矢部町)にある石造りのアーチ橋です。1854(嘉永7)年架橋。  阿蘇外輪山の南側、五老ヶ滝川の谷に架けられた水路橋です。橋の中に通水管が通っており、水源に乏しい白糸台地に農業用水を送るために架橋されました。橋長は78m、国の重要文化財に指定されています。 (1980(昭和55)年頃撮影、ネガ) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五老ヶ滝(熊本)

 五老ヶ滝は、熊本県上益城郡山都町にあります。撮影当時は矢部町でした。落差50m。近くに有名な通潤橋があります。 (1980(昭和55)年頃撮影、ネガ ネガプリントをスキャン) 水量が多く飛沫が滝壺全体に飛んでいました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大江教会(天草)

 大江教会は1933(昭和8)年の建築、天草では最も早く造られた教会です。  初めてこの教会へ行ったのは1975(昭和50)年夏、自転車で旅行した時です。この時は鹿児島県から天草へフェリーで入り、まず崎津教会を見て、それから大江教会へ行きました。  崎津教会は1934(昭和9)年建築、内部が畳敷きであったのはよく覚えています。大江教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more