テーマ:佐賀

佐賀城本丸、反射炉

 佐賀城は佐賀鍋島36万石の居城です。反射炉(築地反射炉)は、幕末期鉄製の洋式大砲を鋳造するため佐賀藩により築造されました。1850年日本初の実用反射炉として造られ、1851年には鉄製大砲を鋳造しました。佐賀市日新小学校敷地内に記念碑と反射炉模型、カノン砲の模型が展示されています。  幕末の佐賀藩の進んだ科学技術力は明治維新の原動力の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久里双水古墳(唐津市)

 唐津にある前方後円墳です。1980年、宅地造成中に発見されました。全長108.5m。3世紀末から4世紀頃の古墳だそうです。古墳の頂上に登ったのは初めてでした。  実はこのときは古墳を見るために唐津に行ったわけではありませんでした。たまたま車窓から古墳が見えたのでちょっと寄り道をして行ってみました。 (2000(平成12)年撮影、ネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虹の松原(唐津市)

 17世紀初頭、新田開発に伴い防風林、防砂林として植林された松原だそうです。唐津湾の海岸沿いに幅400~700m、長さ4.5kmにわたって松原が弧状に続いています。博多からJR筑肥線を利用して唐津に行くと松原の内陸部の辺りを通ります。  唐津の銘菓「松露饅頭」は虹の松原に自生するキノコ「松露」に似ていることから名づけられたそうです。私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐津城

 唐津城は唐津市の北部、海のすぐそばにあります。別名舞鶴城とも呼ばれるそうです。  特にお城に興味があるわけではありませんが、 唐津城へは二度行きました。 (1999(平成11)年撮影、ネガ ) 城内橋と唐津城  城の西側から撮影(トリミングあり)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐津神社・曳山展示場(唐津市)

 唐津くんちは11月2~4日に開催される唐津神社の秋季例大祭で唐津最大の行事だそうです。「唐津くんちの曳山行事」は2016(平成28)年ユネスコの無形文化遺産に登録されました。  唐津くんちで市内を巡行する曳山(14台)を一堂に公開しているのが曳山展示場です。展示場の中は撮影していませんが、14台の曳山が並ぶ姿は壮観でした。 (19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菜畑遺跡・末蘆館(佐賀県唐津市)

 菜畑遺跡は現在確認できる日本最古の水田跡がある遺跡です。今から2,500~2,600年程前(縄文時代晩期)に水稲耕作が行われていたそうです。   現在遺跡は埋め戻され、竪穴式住居、水田が復元されています。末蘆館は菜畑遺跡の出土資料を展示しています。  魏志倭人伝の末蘆国は唐津市付近にあったとされています。 (1999(平成11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉野ヶ里遺跡

 吉野ヶ里遺跡は佐賀県吉野ヶ里町(旧三田川町、東背振村)と神埼市にまたがる丘陵地帯にあります。推定延長約2.5㎞の濠に囲まれた日本最大級の弥生時代の環濠集落です。  工場団地造成に伴う1986(昭和61)年からの文化財の発掘調査によって大規模な集落であることが確認されたようです。  写真を撮影した平成10年はまだ復元された建物も少な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐賀駅など

 佐賀駅は長崎本線では唯一の高架の駅だと思います。1976(昭和51)年2月に高架化が完了し、もとあった駅から100mほど北側へ移転しました。昔の駅の思い出はありませんが、列車が昔の佐賀駅に停車した時、天気が悪かったのかホームが真っ暗だったことは覚えています。  佐賀駅の移転後、1976(昭和51)年6月、長崎本線が電化されました。特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more