テーマ:鹿児島

西郷どん

 西郷隆盛は幕末維新の英雄として有名です。西郷隆盛の生涯は詳しくは知りませんが、波乱の人生を歩んだ方だったようです。  西郷隆盛は写真が嫌いだったそうで写真は残っていないそうです。 (2000(平成12)年撮影、1979(昭和54)年撮影  ネガ) 上野恩賜公園の西郷隆盛銅像(1898(明治31)年建立) 2000年撮影 西郷隆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜島2

 桜島については一度記事を書きました。今回の写真を撮った以降は鹿児島へは行っていません。  1枚目の写真は、城山展望台からの桜島です。城山展望台からの眺めは桜島を望む代表的な風景です。  2枚目は仙巌園(磯庭園)からの桜島です。桜島を築山、錦江湾を池に見立てたという雄大な景色が仙巌園の魅力です。前回の写真にも磯庭園からの桜島を掲載し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザビエル記念聖堂(鹿児島)

 正式な名称は、「鹿児島カテドラル・ザビエル記念聖堂」というそうです。  最初の聖堂は、1908年石造りで造られたそうですが、1945年の空襲で焼失しました。1949年、ザビエル来日400年を記念して、木造の聖堂が建てられました。私が写したものはこの聖堂です。  老朽化により聖堂は1999年、コンクリートの聖堂に建て替えられました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高麗橋(鹿児島)

 鹿児島には「甲突川の五石橋」と呼ばれる石橋群がありました。上流から玉江橋、新上橋、西田橋、高麗橋、武之橋の順に架かっていたそうです。橋はすべて、1840年代の幕末期に架設されています。  私は西田橋、高麗橋は写真に撮っていますが、他の3橋は見ていません。1993(平成5)年の水害で新上橋と武之橋が流失、残った3橋は河川改修に伴い移設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西田橋(鹿児島)

 西田橋は鹿児島市の甲突川に架かっていた石橋ですが、移設され現在は「石橋記念公園」で見ることができます。肥後の石工、岩永三五郎の代表作だということです。  九州は石橋の宝庫と言われていますが、鹿児島市の石橋は大きいです。写真はまだ甲突川に架かっていたときに撮影したものです。 (1980(昭和55)年頃撮影、ポジ)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島市街地の風景

 城山から撮影したものです。40年前に撮った写真ですから、今はもう随分変わっていると思います。 (1980(昭和55)年頃撮影、ポジ) 天気が良くなかったのか、桜島には雲がかかっています
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

枕崎漁港(鹿児島)

 枕崎漁港は、鹿児島県薩摩半島の南端、枕崎市にある港です。枕崎といえばカツオ。鰹節は有名です。  枕崎へは、佐賀県の鳥栖駅から夜行列車「急行かいもん」(だったと思います)に乗車、超満員の列車に揺られ鹿児島県の伊集院駅で下車、鹿児島交通枕崎線(南薩鉄道)に乗り換えて行きました。  なお南薩鉄道は、1984(昭和59)年に廃止されました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吾平山稜(鹿児島)

 「あいらさんりょう」と読みます。「吾平山上稜」とも表記されています。正しい読み方は「あいらのやまのえのみささぎ」だということです。  これは、神武天皇の父(ウガヤフキアエズ)と母(タマヨリビメ)の陵ということで、日本書紀に記載があるそうです。  場所は、鹿児島県大隅半島中央部の吾平町(現鹿屋市)です。  実は「あいらさんりょう」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐多岬

 佐多岬は、鹿児島県大隅半島最南端の岬です。また九州本島の最南端でもあります。  前は展望公園の入園料が必要だったそうで、昔のパンフ等を見たら確かに払っていました。現在は無料とのことです。  当時のことはよく覚えていません。写真と入場券があるだけです。 (1979(昭和54)年撮影、ポジ、ネガ) (以上、ポジ) (ネガ)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜島と開聞岳

 私が初めて撮影した桜島です。撮影場所は桜島の北方、国道10号線沿い、現在の霧島市「牧之原」の付近ではないかと思っています。この付近が国道10号の最高地点らしく、写真を撮ったあと、ものすごく急な坂道を下って錦江湾まで行ったことを覚えているからです。  開聞岳は、円錐形の山で「薩摩富士」と呼ばれています。標高924m、稜線が非常に美しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜島の噴煙

 鹿児島には何度も行きましたが、桜島の噴火に遭遇したという記憶はあまりありません。  写真は私が写したもので唯一噴火といえるものです。船の上から撮影したものですが、この船は桜島フェリーではなく、鹿児島発、垂水行きのフェリーだったと思います。噴火の規模はわかりませんが、噴煙が高く上がっていました。 (1979(昭和54)年撮影、ネガ)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「海辺のプール」探索

写真のプールがどこにあるのか、何という名称なのか、インターネットで調べてみましたが、なかなかわかりません。鹿児島県の西部で海辺にあるプールで検索できたものは、いちき串木野市の「長崎鼻海水プール」ですが、周囲の風景が違っているようですし、自転車で走行していた国道3号線からも離れています。写真は「長崎鼻海水プール」ではないようです。繰り返し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海辺のプール

 この写真は、自転車で鹿児島から長崎へ帰る途中、鹿児島県阿久根市付近の国道(3号線)から写したものであることは覚えています。  海のすぐそばにプールがあったのが珍しい気がしたので写真に撮りました。プールの名称、正確な場所はわかりません。  わからないと調べたくなります。調べた結果を別に記載します。 (1975(昭和50)年撮影、ネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜島

 40年前、初めて桜島を自分の目で見ました。  桜島はもともと島で、1914(大正3)年の大噴火による溶岩流で大隅半島と地続きになりました。  私も自転車で大隅半島から桜島へ入りました。  桜島は鹿児島のシンボルとも言われているそうですが、写真を見ると本当にそう思います。  1枚目は、調べたところ「有村溶岩展望所」から撮影したも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西鹿児島駅

 西鹿児島駅はかつて鹿児島市の中心駅でありました。  写真はまだ学生の頃、自転車旅行で鹿児島に行ったとき撮影したものです。  写真の駅舎は、1950(昭和25)年民間の資金で建築されたそうです。  九州新幹線建設に伴い、1996(平成8)年、新しい駅舎に建て替えられ、2004(平成16)年の新幹線開業で駅名も「鹿児島中央駅」に変更…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more