アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
写真帳NY(あの頃の風景)
ブログ紹介
ブログをご覧いただき、ありがとうございます
素人の写真です
更新は不定期です

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
長崎サンセットマリーナ
長崎サンセットマリーナ  長崎サンセットマリーナは長崎市の福田にあります。マリーナの開業は1995年で、レストラン、グラウンド、ヨット係留施設(桟橋)、芝生の広場、駐車場などが設置されています。  福田は長崎よりも早くポルトガル船が寄港(1565年)した場所ですが、外海に直接面しているのが難点であったため、良港である長崎がポルトガルとの貿易港として開かれました(1571年)。 (2002(平成14)年撮影、ネガ  2012(平成24)年撮影、ポジ) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/20 12:06
長崎水辺の森公園
長崎水辺の森公園  長崎水辺の森公園は2003(平成15)年開業しました。長崎市の中心部にありますが、実は海を埋め立て造成した土地に誕生した公園です。  この付近の景観は昔とは一変しています。 (2002(平成14)年撮影、ネガ) 運河  右側が公園です まだ整備中です 左側が松ヶ枝埠頭  右側が水辺の森です ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/20 12:05
大宰府
大宰府  大宰府へは行ったのは冬で、大宰府天満宮に参拝し、大宰府政庁(都府楼跡)などを巡ってきました。もちろん梅が枝餅も食べてきました。太宰府天満宮は天神さま(菅原道真公)をお祀りする神社です。全国12,000社の天神さまの総本宮が太宰府天満宮です。 (2001(平成13)年撮影、ネガ) 太宰府天満宮参道 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/14 14:28
長崎港口の風景(香焼島から)
長崎港口の風景(香焼島から)  写真は長崎港の外側から長崎港に向けて撮影したものです。  撮影場所は長崎市南部香焼島の運動公園付近です。写真の左側が外洋、右側には三菱造船所香焼工場、その奥が長崎港です。 (2001(平成13)年撮影、ネガ) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/14 14:27
平成新山
平成新山  長崎県の雲仙普賢岳が200年ぶりに噴火したのは1990(平成2)年でした。 1991(平成3)年に出現した溶岩ドームは、火砕流、土石流など大きな被害をもたらしました。その後も成長崩落を繰り返し、現在は標高1480mの平成新山となっています。 (2000(平成12)年、2001(平成13)年撮影、ネガ   2003(平成15)年撮影、デジタル) 2003年 2001年 2000年 2001年撮影  島原から対岸熊本県を望む 1792年の雲仙の地震、島原眉山の山体崩壊による津波で熊本(... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/14 14:25
伊王島(長崎)
伊王島(長崎)  伊王島灯台と馬込(沖ノ島)教会については前(2017年1月)に記事を書きました。  西彼杵郡伊王島町も炭坑で栄えましたが、閉山により急激に人口が減少し、2005(平成17)年長崎市に編入されました。  2011(平成23)年伊王島大橋が開通、長崎市本土から車で行くことができます。 (2000(平成12)年撮影、ネガ) 伊王島灯台 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/07 14:57
高島(長崎)
高島(長崎)  高島は長崎港の南西14.5kmの洋上にあります。西彼杵郡高島町は、炭鉱で栄えた町でした。有名な端島(軍艦島)も高島町の一部でした。  端島炭鉱は1974(昭和49)年、高島炭坑は1986(昭和61)年に閉山しました。2005(平成17)年合併により高島町は長崎市に編入されました。現在は高島のみ有人となっています。 (軍艦島については2016年11月に4回記事を書いています) (2000(平成12)年撮影、ネガ  2013(平成25)年撮影、ポジ  2015(平成27)年撮影、デジタル) ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/07 14:54
関門トンネル人道
関門トンネル人道  関門国道トンネルは1958(昭和33)年に開通しました。車道と人道の2層構造となっています。  人道は幅4mで長さは780mあります。車道とは入口が違いエレベーターで降りて歩くようになっています。  トンネル通行料は車両は有料ですが、人は無料だったと思います。 (2000(平成12)年撮影、ネガ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/04/07 14:53
佃島から
佃島から  東京都中央区の佃島から隅田川と対岸の風景を撮影したものです。  佃の起源は徳川家康の時代に大阪摂津の漁師が江戸に移住し、故郷の佃村にちなんで「佃島」と命名されたことによります。佃煮の発祥地は佃島です。  佃は路地が多く古い民家も残っています。銀座や築地に近い都会の下町でした。 (2000(平成12)年撮影、ネガ) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/31 13:01
歌舞伎座
歌舞伎座  歌舞伎座は東京都中央区銀座にあります。初代歌舞伎座は1889(明治22)年開場、現在の歌舞伎座は五代目で2013(平成25)年開場しました。  写真の歌舞伎座は4代目ですが、上部が青く覆われており改修工事が行われていたようです。 (2000(平成12)年撮影、ネガ) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/31 13:00
林芙美子記念館
林芙美子記念館  新宿区立林芙美子記念館は、作家林芙美子が1941(昭和16)年から1951(昭和26)年まで住んでいた家です。  写真は住宅前の道路で左側に入口があります。内部の写真は撮っていません。  記念館は新宿区中井にありますが、新宿とは思えないほど静かな場所でした。  林芙美子の「放浪記」は一度読みましたが、もう随分前のことで本のあらすじもよく覚えていません。 (2000(平成12)年撮影、ネガ) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/31 12:59
不忍池
不忍池  不忍池は東京都台東区の上野公園にあります。公園の南端にあり周囲2km、広さ11万uの天然の池だそうです。  池は三つに分かれており、蓮池、ボート池、上野動物園の池(鵜の池)となっています。中央部に弁天島があり弁財天が祀られています。 (2000(平成12)年撮影、ネガ) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/24 13:48
アメ横
アメ横  アメ横はアメヤ横丁、正式には「上野アメ横商店街」というようです。JR御徒町駅から上野駅の間にある商店街です。店舗数は500ぐらいあるようです。  アメ横の名称は飴を売る店がたくさんあったのが由来らしいのですが、諸説あるようです。  売り声、呼び込み、そして活気、アメ横の魅力はこれに尽きると思います。 (2000(平成12)年撮影、ネガ) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/24 13:47
都電荒川線
都電荒川線  都電荒川線は東京都荒川区南千住の三ノ輪橋から新宿区早稲田を結ぶ路面電車です。路線距離は12.2kmあります。  東京都の路面電車はかつて40の運転系統、営業キロは213kmあったそうです。日本最大の路面電車であった東京都電は、モータリゼーション、地下鉄の発達などで廃止され、現在は荒川線1路線のみの運行となっています。  荒川線には早稲田から三ノ輪橋まで一度だけ乗りました。 (2000(平成12)年撮影、ネガ) 早稲田付近 三ノ輪橋電停 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/24 13:45
川越3(東照宮)
川越3(東照宮)  東照宮は日光と静岡の久能山にもあります。  川越八幡宮のホームページによれば、川越の東照宮は仙波東照宮と呼ばれ、喜多院の天海僧正が徳川家康公を祀ったものだということです。 (2000(平成12)年撮影、ネガ) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/17 11:49
川越2(菓子屋横丁ほか)
川越2(菓子屋横丁ほか)  2000年夏、平日は研修、休日は観光という形で東京に約1か月滞在しました。  小江戸と呼ばれる街並み、菓子屋横丁の「芋アイス」など川越はいいと聞いたので行ってみることにしました。  宿舎がある東村山市から西武鉄道で本川越まで行き、川越市内を歩いて観光しました。帰りは川越駅から東武東上線で池袋へ行き、都内を観光しました。川越は都心からも近いです。 (2000(平成12)年撮影、ネガ)  菓子屋横丁 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/17 11:48
川越1(蔵の街)
川越1(蔵の街)  川越は埼玉県の南西部にある「小江戸」といわれた城下町です。  川越の土蔵造りの店舗は、いわゆる「蔵造り」として有名です。蔵造りは類焼を防ぐための耐火建築で、江戸の町屋形式として発達したものです。  通りに面して建ち並ぶ蔵造りの街並みは見事でした。 (2000(平成12)年撮影、ネガ) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/17 11:47
江戸東京博物館
江戸東京博物館  東京都江戸東京博物館はJR総武線両国駅のそばにあります。  江戸東京博物館のホームページによれば、「江戸東京の歴史と文化をふりかえり、未来の都市と生活を考える場として平成5年(1993年)3月28日に開館しました。高床式の蔵をイメージしたユニークな建物で・・・」と紹介されています。  常設展の外、年数回特別展も行われているようで、私が行った時には「近くて懐かしい昭和展」という特別展が行われていました。 (2000(平成12)年撮影、ネガ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/10 14:21
皇居正門石橋
皇居正門石橋  皇居正門石橋は石造り二連のアーチ橋です。記念撮影によく使われているようです。  この橋を「二重橋」と呼んでいるようですが、実は正門石橋は二重橋ではないそうです。私もこの橋を二重橋だと思っていました。正門石橋の奥にもう一つ橋があり、これが二重橋で、正式名称は「正門鉄橋」というそうです。 (2000(平成12)年撮影、ネガ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/10 14:19
桜田門(外桜田門)と江戸城(皇居)お濠
桜田門(外桜田門)と江戸城(皇居)お濠  桜田門は江戸城の内堀に造られた門の一つです。外側の高麗門と内側の渡櫓門の二重構造となっています。写真は高麗門で入って右に渡櫓門があります。  なお江戸城には内桜田門と外桜田門があり、一般的には外桜田門を桜田門と呼ぶそうです。1961(昭和36)年、「旧江戸城外桜田門」として国の重要文化財に登録されています。  桜田門といえば「桜田門外の変」で有名です。 (2000(平成12)年撮影、ネガ) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/03/03 15:17

続きを見る

トップへ

月別リンク

写真帳NY(あの頃の風景)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる