アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
写真帳NY(あの頃の風景)
ブログ紹介
ブログをご覧いただき、ありがとうございます
素人の写真です
更新は不定期です

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
出島4
出島4  明治時代になり出島は周囲が埋め立てられ島ではなくなりました。また中島川の拡幅工事で北側が18mほど削られています。(写真に写っている出島の白壁や石垣部分は江戸時代のものではないということになります)  長崎市は出島の復元事業を行っていますが、今年、出島の表門橋が架設されました。出島表門橋は、11月25日から一般公開されているそうですが、川幅が広がっているため江戸時代の橋よりかなり長くなっています。 (2016(平成28)年、2017(平成29)年撮影、デジタル) 出島の対岸、県庁側の工事... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/09 15:43
出島3
出島3  出島は1634年築造開始、1636年に完成した人工島です。キリスト教の布教を阻止するため市内に雑居していたポルトガル人を収容するためにつくられました。1636〜1639年はポルトガルとの貿易が行われ、ポルトガル追放後1641年に平戸オランダ商館を出島に移転し、オランダ(オランダ東インド会社)との貿易が行われ、1859年オランダ商館の廃止まで続きました。 (2015(平成27)年、2016(平成28)年撮影、デジタル) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/09 15:41
出島2
出島2  出島については前に記事を書きました。前回の記事の写真は昭和51年に撮影したものでした。その後はつい最近まで出島は写真に撮っていませんでした。 (2013(平成25)年撮影、デジタル 2014(平成26)年撮影、ポジ) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/09 15:40
久里双水古墳(唐津市)
久里双水古墳(唐津市)  唐津にある前方後円墳です。1980年、宅地造成中に発見されました。全長108.5m。3世紀末から4世紀頃の古墳だそうです。古墳の頂上に登ったのは初めてでした。  実はこのときは古墳を見るために唐津に行ったわけではありませんでした。たまたま車窓から古墳が見えたのでちょっと寄り道をして行ってみました。 (2000(平成12)年撮影、ネガ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/02 17:02
虹の松原(唐津市)
虹の松原(唐津市)  17世紀初頭、新田開発に伴い防風林、防砂林として植林された松原だそうです。唐津湾の海岸沿いに幅400〜700m、長さ4.5kmにわたって松原が弧状に続いています。博多からJR筑肥線を利用して唐津に行くと松原の内陸部の辺りを通ります。  唐津の銘菓「松露饅頭」は虹の松原に自生するキノコ「松露」に似ていることから名づけられたそうです。私も土産に買いました。 (1999(平成11)年撮影、ネガ 2002(平成14)年撮影、デジタル) 1999年ネガ 2002年デジタル 1999年 199... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/02 17:01
唐津城
唐津城  唐津城は唐津市の北部、海のすぐそばにあります。別名舞鶴城とも呼ばれるそうです。  特にお城に興味があるわけではありませんが、 唐津城へは二度行きました。 (1999(平成11)年撮影、ネガ ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/02 17:00
唐津神社・曳山展示場(唐津市)
唐津神社・曳山展示場(唐津市)  唐津くんちは11月2〜4日に開催される唐津神社の秋季例大祭で唐津最大の行事だそうです。「唐津くんちの曳山行事」は2016(平成28)年ユネスコの無形文化遺産に登録されました。  唐津くんちで市内を巡行する曳山(14台)を一堂に公開しているのが曳山展示場です。展示場の中は撮影していませんが、14台の曳山が並ぶ姿は壮観でした。 (1999(平成11)年撮影、ネガ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/25 11:50
菜畑遺跡・末蘆館(佐賀県唐津市)
菜畑遺跡・末蘆館(佐賀県唐津市)  菜畑遺跡は現在確認できる日本最古の水田跡がある遺跡です。今から2,500〜2,600年程前(縄文時代晩期)に水稲耕作が行われていたそうです。   現在遺跡は埋め戻され、竪穴式住居、水田が復元されています。末蘆館は菜畑遺跡の出土資料を展示しています。  魏志倭人伝の末蘆国は唐津市付近にあったとされています。 (1999(平成11)年撮影、ネガ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/25 11:49
桜島2
桜島2  桜島については一度記事を書きました。今回の写真を撮った以降は鹿児島へは行っていません。  1枚目の写真は、城山展望台からの桜島です。城山展望台からの眺めは桜島を望む代表的な風景です。  2枚目は仙巌園(磯庭園)からの桜島です。桜島を築山、錦江湾を池に見立てたという雄大な景色が仙巌園の魅力です。前回の写真にも磯庭園からの桜島を掲載しました。  3枚目は「いおワールド鹿児島水族館」からの桜島です。「いお」は魚のことです。 (1999(平成11)年撮影、ネガ) 城山展望台から 仙巌園から... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/25 11:47
志登支石墓群と可也山(糸島市)
志登支石墓群と可也山(糸島市)  志登支石墓群は糸島市北部の田園地帯にある墓地群です。  支石墓とは遺体を埋葬した上に大きな上石を置くお墓です。朝鮮半島でよく見られるお墓だそうですが、弥生時代に日本に伝えられたそうです。  発掘調査は1953(昭和28)年に行われ、支石墓10基、甕棺墓8基などが発見されたそうで、国指定史跡となっています。  可也山は標高365mの山で筑紫富士、糸島富士、小富士などと呼ばれています。 (1999(平成11)年撮影、ネガ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/17 17:29
伊都歴史資料館(福岡県糸島市)
伊都歴史資料館(福岡県糸島市)  伊都歴史資料館は現在、糸島市立伊都国歴史博物館になっています。伊都国歴史博物館は平成16年10月に開館したそうですから、写真とは建物が違っているようです。なお私が行った当時は前原市で、2010(平成22)年合併により糸島市となりました。  糸島は魏志倭人伝に紹介される伊都国があったとされるところです。資料館で見た銅鏡は今まで見たことがないような大きなものでした。  交通の便があまり良くなかったので筑前前原駅からタクシーを使い資料館まで行きました。 (1999(平成11)年撮影、ネガ) ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/17 17:28
丸隈山古墳(福岡市)
丸隈山古墳(福岡市)  丸隈山古墳は福岡市西区周船寺にある古墳です。5世紀前半の築造で全長85m、福岡市内では最大規模の前方後円墳だということです。石室を直接見ることができます。福岡市西区から前原市(現糸島市)の史跡を巡ってきた時の写真です。 (1999(平成11)年撮影、ネガ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/17 17:27
アクロス福岡の植栽
アクロス福岡の植栽  アクロス福岡は福岡市の中心部、天神にあります。1995(平成7)年、旧県庁跡地に建設された公民複合施設です。南側の天神中央公園に面した部分の階段状の植栽がこのビルの最大の特徴だと思います。  初めて写真に撮ったのが1999年、2枚目からの写真は2015年撮影、植物の成長がよくわかります。 (1999(平成11)年撮影、ネガ 2015(平成27)年撮影、デジタル) 1999年 2015年 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/11 15:52
西鉄津屋崎駅と列車
西鉄津屋崎駅と列車  津屋崎へは福岡市営地下鉄で貝塚まで行き、そこから西鉄宮地岳線に乗り換えて行きました。  宮地岳線は貝塚〜津屋崎間20.8qあったそうですが、西鉄新宮〜津屋崎9.9qが2007(平成19)年廃止され、名称も貝塚線に改称されました。実はこの記事を書くまで廃止のことは全く知りませんでした。写真の風景、今はありません。 (1998(平成10)年撮影、ネガ) ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/11 15:51
津屋崎(漁港と海岸の風景)
津屋崎(漁港と海岸の風景)  津屋崎は福岡県宗像郡にあった町ですが、現在は合併し福津市となっています。町の西北部が玄界灘に面しています。  写真は津屋崎の漁港と海水浴場付近を撮影したものです。  津屋崎は江戸時代から昭和初期まで塩田の積出港として栄え津屋崎千軒と呼ばれていたそうです。 (1998(平成10)年撮影、ネガ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/11 15:50
宮地嶽神社
宮地嶽神社  福岡県福津市(旧津屋崎町)にある宮地嶽神社です。  神社のホームページによれば、創建は1700年前、全国にある宮地嶽神社の総本宮とのことです。福岡では商売繁盛の神様としても有名です。  初詣などは多くの参拝客で賑わうのでしょうが、神社に行った時は12月下旬の平日で閑散としていました。 (1998(平成10)年撮影、ネガ) 大注連縄は直径2.6m 長さ11m 重さ3tで日本一大きく、毎年掛け替えるそうです(神社のホームページ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/04 14:28
吉野ヶ里遺跡
吉野ヶ里遺跡  吉野ヶ里遺跡は佐賀県吉野ヶ里町(旧三田川町、東背振村)と神埼市にまたがる丘陵地帯にあります。推定延長約2.5qの濠に囲まれた日本最大級の弥生時代の環濠集落です。  工場団地造成に伴う1986(昭和61)年からの文化財の発掘調査によって大規模な集落であることが確認されたようです。  写真を撮影した平成10年はまだ復元された建物も少なかったようですが、2001(平成13)年に「吉野ヶ里歴史公園」としてオープンした後は施設も拡充されたようですし、整備は今も続けられているようです。 (1998(... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/04 14:26
関門海峡の夕景
関門海峡の夕景  門司港から見た関門海峡の夕景です。下関の海峡ゆめタワーが見えます。ゆめタワーは1996(平成8)年建設、高さは153mあります。  九州は本州の西にありますが、門司港から見ると下関が西に位置しています。 (2000(平成12)年撮影、ネガ) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/28 14:19
壇之浦合戦絵巻と関門橋
壇之浦合戦絵巻と関門橋  関門海峡の壇ノ浦と和布刈の間は幅約600mと狭く、早鞆ノ瀬戸(はやとものせと)と呼ばれています。1185年、この海域で源氏と平家の合戦がありました。源平壇之浦合戦絵巻は有田焼陶板の壁画で和布刈公園に設置されています。  関門橋は門司区のノーホーク広場から撮影したものですが、早鞆ノ瀬戸の狭さがわかります。 (1997(平成9)年撮影、ネガ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/28 14:18
関門海峡の眺め
関門海峡の眺め  関門海峡は本州(下関市)と九州(北九州市)を隔てる海峡です。  関門とは馬関(下関市)と門司(北九州市門司区)の一文字を取って名づけられているそうです。  写真は北九州市門司区の和布刈(めかり)公園から撮影したものです。 (1997(平成9)年撮影、ネガ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/28 14:17

続きを見る

トップへ

月別リンク

写真帳NY(あの頃の風景)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる